ワンカップ大関(カップ酒)

ワンカップ大関(カップ酒)
ワンカップ大関(カップ酒)
「いつでも、どこでも飲める」をキャッチフレーズに、手軽さ、利便さという当時の伝統的な清酒に欠けた商品特性を前面に出し、伝統的な消費パターンにとらわれない若者をターゲットにして売り出されたカップ酒でした。