チェリオ

チェリオ
チェリオ
昭和50~60年代ころ、競合製品に比べて内容量が多いこともあって各地の駄菓子屋で部活帰りの中学生や高校生たちによく飲まれていました。