どら焼き

どら焼き
どら焼き
どら焼き(銅鑼焼き、ドラ焼き、どらやき)は、やや膨らんだ円盤状のカステラ生地(または小さめのパンケーキ)2枚に、小豆餡を挟み込んだ和菓子です。関西方面では、どら焼きと呼ばれているものを「三笠」、「三笠焼き」、「三笠まんじゅう」などと呼ぶことが多いです。菓子の外見が奈良県の三笠山(若草山)に似た形であることに由来します。