生八つ橋

生八つ橋
生八つ橋
京都を代表する和菓子です。江戸中期に、聖護院の森の黒谷(金戒光明寺)参道の茶店で供されたのが始まりとされています。