焼きカレー

焼きカレー
焼きカレー
ご飯の上にカレーとチーズなどをのせ、オーブンで焼いたカレー。「焼きカレー」の始まりは昭和30年代の福岡県北九州市門司港の栄町銀天街にあった喫茶店といわれています。