焼きちくわ(竹輪)

焼きちくわ(竹輪)
焼きちくわ(竹輪)
魚肉のすり身を竹など棒に巻きつけて焼いたもの、または蒸した加工食品。魚肉練り製品のひとつです。串を抜くと筒状になり、竹の切り口に似ているためこの名が付きました。