ざる蕎麦(ざるそば)

ざる蕎麦(ざるそば)
ざる蕎麦(ざるそば)
ざる蕎麦の発祥は、深川の州崎弁財天前にあった伊勢屋が、蕎麦を竹ざるに乗せて出したところ評判が良く、大いに売れたことによるそうです。ほかの蕎麦屋がこの手法を真似ることで「ざる蕎麦」が広まりました。