単3形乾電池

単3形乾電池
単3形乾電池
乾電池は、1887年(明治20年)日本の屋井先蔵によって、寒冷地でも使用可能な電池として発明されました。その後、改良と規格化を経て現在の円筒形になりました。