龍角散

龍角散
龍角散
龍角散は非常に歴史の古い薬で、原型は、江戸時代後期(文政年間)に佐竹藩の御典医である藤井玄淵によって創製され、藩薬とされました。